「未分類」カテゴリーアーカイブ

ケアの方法

Pocket

ニキビの改善を狙おうと思ったら、肌のバリア機能を保持することが大事です。それには、ターンオーバーのサイクルを正常化することが必要になります。

保湿ターンオーバーを正しい状態にするためには、保湿をきちんと行うことが大事となります。肌の乾燥状態が出来てしまう要因は、外的刺激、または誤ったスキンケアといったところがあります。まずは紫外線対策をすること、それから洗顔は優しく行うといったことを心がけるようにしたいところです。また、洗顔後には水分の蒸発が起きやすいため、間を置かずの保湿ケアが有効です。洗顔料でも、保湿効果が期待できるものを使うのが良いでしょう。

また、ターンオーバーのサイクルが乱れるのには、肌の細胞を作り出すための栄養素が不足している可能性も挙げられるのです。肌の細胞形成のためには、たんぱく質以外にも、組織を形成する手助けをするビタミンやミネラルなどの栄養素が必要になるのです。これらの栄養素が含まれている食べ物を選び、バランスよく食べることによって、お肌に栄養がいきわたるようにすると良いのです。

これによって、ニキビ肌の改善も可能となるわけです。まずは自分がこれらについてきちんと出来ているかを見直してみると良いでしょう。

肌のバリア機能

Pocket

肌のバリア機能とはどのようなものなのでしょう。

ターンオーバー肌のバリア機能は、肌表面にある水分を蓄えた角質層が、お肌の乾燥、外部からの刺激から身を守る役割のことを言います。もしも、このバリア機能が低下してしまうと、お肌の内側の水分が維持できなくなることから乾燥してしまい、外的な刺激にも弱い状態となってしまいます。更に、お肌の乾燥によりターンオーバーが乱れる可能性もあるのですが、角質層が厚くなり毛穴も狭くなり、皮脂や古い角質が毛穴につまり雑菌の繁殖が起こってしまいます。これによってニキビが出来てしまう可能性もあるのです。

バリア機能が低下してしまう原因は様々です。外的刺激がもたらす乾燥によって、細胞間に亀裂が発生し、バリア機能が崩れてしまうのです。また、スキンケアの方法を間違えてしまうと、角質層にダメージを与えてしまいかねません。また、洗顔の時にゴシゴシと擦る、保湿が十分でないような場合は、角質層にダメージを与えてしまうことがあるのです。洗顔力の高い洗顔料も、バリア機能を洗い流してしまう可能性があるのです。また、ストレスもバリア機能低下に関係があるのです。

結果的にニキビができやすく治りにくいというニキビ肌が出来てしまうのです。続いては、ケアの方法についてお伝えします。

ニキビケアをしよう

Pocket

ニキビは、一度出来てしまうと厄介なものです。うまく放置出来ればきれいに治る可能性もあるのですが、大体はついつい触ってしまって跡が残ってしまうこともあります。女性の場合はメイクでうまく隠せたとしても、やっぱり気になってしまうと思います。

ニキビは、まずケアの前に出来る限り出ないようにすることが大事になります。そのために大事なことが、バリア機能を維持することです。バリア機能とは、肌の表面にある角質層がお肌の乾燥や外部からの刺激から身を守るという機能のことです。このバリア機能が低下してしまうことによって、お肌も乾燥してしまい、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。その結果としてニキビが出来てしまう可能性が出てきます。バリア機能は細胞間への亀裂が外的刺激によって発生することによって崩れてしまいます。また、ストレスによっても崩れる可能性があるのです。

洗顔ニキビの改善をしたいと思ったら、肌のバリア機能の維持が大事です。バリア機能の維持については、ターンオーバーのサイクルを守ることが大事となるのです。乾燥状態にならないように、紫外線対策や洗顔についてきちんと行うことが求められます。保湿効果のある洗顔料を使うのも良いでしょう。もちろん、ストレスを溜めない、食生活を整えるといったことも効果的な方法となるのです。

ニキビのケア、そして肌のバリア機能というのはこうした関係があるのです。肌のバリア機能をきちんと保持することこそが、ニキビのケアに繋がりますから、それを心がけるようにすることは大事です。