肌のバリア機能

Pocket

肌のバリア機能とはどのようなものなのでしょう。

ターンオーバー肌のバリア機能は、肌表面にある水分を蓄えた角質層が、お肌の乾燥、外部からの刺激から身を守る役割のことを言います。もしも、このバリア機能が低下してしまうと、お肌の内側の水分が維持できなくなることから乾燥してしまい、外的な刺激にも弱い状態となってしまいます。更に、お肌の乾燥によりターンオーバーが乱れる可能性もあるのですが、角質層が厚くなり毛穴も狭くなり、皮脂や古い角質が毛穴につまり雑菌の繁殖が起こってしまいます。これによってニキビが出来てしまう可能性もあるのです。

バリア機能が低下してしまう原因は様々です。外的刺激がもたらす乾燥によって、細胞間に亀裂が発生し、バリア機能が崩れてしまうのです。また、スキンケアの方法を間違えてしまうと、角質層にダメージを与えてしまいかねません。また、洗顔の時にゴシゴシと擦る、保湿が十分でないような場合は、角質層にダメージを与えてしまうことがあるのです。洗顔力の高い洗顔料も、バリア機能を洗い流してしまう可能性があるのです。また、ストレスもバリア機能低下に関係があるのです。

結果的にニキビができやすく治りにくいというニキビ肌が出来てしまうのです。続いては、ケアの方法についてお伝えします。